FC2ブログ
Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
2009/04/17(金) 23:08:45
俺の中では久しぶりの大ヒット!!

面白かったなぁ。

「黒髪の乙女」と、彼女を追いかける「先輩」が、
行く先々で、個性豊かな登場人物と繰り広げる奇想天外で、
ファンタジックなラブストーリー。

[森見登美彦 『夜は短し歩けよ乙女』]の続きを読む
2009/04/17(金) 21:48:45
この前も書いたように、『螺鈿迷宮』を読んだあとに、
これを読みました。
時系列としては、こっちが先なんだ!ってあとで気づいちゃった。

でも、面白かったなぁ。
1作目のバチスタ以降、ちょっと物足りない感はあったけど、
なかなか良かったです。

エシクッスとの闘いや、速水部長の奮闘が面白い。

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)

2009/04/07(火) 23:11:40
だいぶ前に読んだんですけど、
感想書いてなかったので、書こうと思ったんだけど、
これの次に読んだ『ジェネラル・ルージュの凱旋』の方が面白かったから、
印象がうすれちゃったなぁ。

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
螺鈿迷宮 上 (角川文庫)

というか、読む順番としては、
『ジェネラル・ルージュの凱旋』の方が先じゃないか!
とあとで気づいてしまった。

2009/01/17(土) 22:12:54
青森に向かう新幹線の中で、伊坂さんの『魔王』読み終わりました。

この小説は、今まで読んだことがないタイプで、
なかなか面白かったです。
まあ、人によっては、消化不良な感じがするだろうけどね。

そこが賛否両論ありそうだね。


[伊坂幸太郎 『魔王』]の続きを読む
2009/01/04(日) 22:44:55
最近、同じ部署の人に本を借りることが多いのですが、この本もそう。

夏樹静子『そして誰かいなくなった』

貸してくれた人には申し訳ないけど、
あんまり面白くはなかったな・・・。

アガサ・クリスティの有名な小説をモチーフにしているようですね。


そして誰かいなくなった (講談社文庫)
そして誰かいなくなった (講談社文庫)


今は、伊坂さんの『魔王』を読んでいます。
やっぱりこの人の文章はいいね。

2009/01/04(日) 22:32:20
ブクログのブログパーツを付けてみました。
ご覧になって分かるとおり、本ブログの左側です。

ブクログとは、Web上の本棚です。
興味ある方はこちらをどうぞ


2008/12/07(日) 22:58:26
バチスタに引き続き、『ナイチンゲールの沈黙』を読みました。

これも会社の方からお借りしました。

この作品も、田口・白鳥コンビが登場します。


[海堂尊 『ナイチンゲールの沈黙』]の続きを読む


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録