FC2ブログ
Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
2005/09/25(日) 23:10:57
さっき、コンビニに行ってきたんやけど、寒いね。
Tシャツで出てったら、寒いんですよ。
もう、秋の気配がムンムンしてます。(そんな表現ないか・・・)

大学生の頃、そんなちょっと寒い秋の夜長を過ごす時に、よく聞いてたCDがこれ。
Sunny Day Service『Sunny Day Service』っていうアルバム。

サニーデイ・サービスは大好きなバンドだった。
っていうのも、2000年に解散したんで。
もう、5年も経つんやな~。

まずは、サニーデイ・サービスの紹介から。
曽我部 恵一(Vocal、Guitar)、田中 貴(Bass)、丸山 晴茂(Drums)の3ピースバンドで、
60~70年代のロック、フォークを彷彿とさせる、アコースティック感溢れる音楽が特徴でした。
第2の「はっぴいえんど」(※)のように言われてました。
後半は、打ち込み・ダンスミュージックが入ってましたが。

このバンドを知ったのは、『スピッツ』のインタビューが掲載されていた雑誌からです。
(スピッツも好きなんです。)
そのインタビュー記事で、最近聞く音楽は何?という質問の答えの中に、
この『サニーデイ・サービス』も含まれてました。

で、『Sunny Day Service』というアルバムです。
これは、4枚目のアルバムで、1997年発売です。
このアルバムの全体的な印象としては、切なくなるというか、少し寂しい感じがします。
でも、それがすごく良い。
秋に発売されたんだけど、秋の雰囲気にマッチしてて、
俺は秋になったら、いつも聞いてました。
シングル曲の『Now』を筆頭に、地味だけど、いい曲ばっかりです。

ちなみに、『Now』はガーナチョコだったかな?、
そのCMで流れてました。まだ駆け出しの深田恭子さんが出てたと思います。(たぶん。。。)



ジャケットも良いしね。写真がモノクロで。

(※)参考までに、「はっぴいえんど」っていうバンドは、
細野晴臣(b&vo)、大滝詠一(vo&g)、鈴木茂(g&vo)、松本隆(ds)という、
日本の音楽シーンに多大な影響を与えた、この4人がメンバーのバンドです。
60年後半から70年初めの3年間のみの活動だったのにも関わらず、
日本のロックの金字塔と言われてます。

俺が生まれてない時代の話なので、リアルタイムには知りませんけど(^^;)
サニーデイ・サービスを知らなければ、はっぴいえんどの存在も知りませんでした。
さらに言えば、スピッツを好きにならなければ、サニーデイ・サービスも知らなかった、
ってことにもなるね。

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/102-603e07cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録