Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/03/22(水) 00:20:29
『世の中にはフェアなことなんて何もない
 目には目を 歯には歯を アンフェアにはアンフェアを』

確かに、世の中はアンフェアなことが多いと思うけどね。
身近なアンフェアから、世界規模でのアンフェアまで。

アンフェア』終わっちゃったな~。


これ以降、ネタバレするんで、まだ最終回を観てない人は見ないように。。。







やっぱ予想通り、安藤が犯人だったなぁ~。
というか、あの展開になって、あっと驚く犯人といえば、
安藤しかいないやん!! って思ったのは俺だけじゃないはず!

で、過去の事件(雪平が犯人を射殺した事件)が原因での、
雪平への復讐だったってのも想像できたしね。

まずね、第1回の安藤の登場の仕方がちょっと普通じゃなかったもんね。
そこから変だとは思ったさ。でも、途中忘れてたけど・・・(^^;

それに、雪平が犯人を射殺した事件のことを知らないって言ってたもんね~。
あまりニュースとか見てなかったから、って安藤は言ってたけど、
変なシーンやな~と思ってた。

でも、最終回観る前に気になってたのは、安藤が雪平に対する想いや、
みよちゃんに対する態度が本物かどうか?っていうこと。
その部分は嘘に見えないしなぁ~、でも、演技かもなぁ~、
(ま、ドラマなんで演技なんですけどね・・・)
と前回まででは判断付かなかったけど、本物だったね。


まあ、結局は、雪平への最後の伝言( DVD だよな?)で言ってた、
『憎しみだけを原動力として生きていくのはもう疲れました』
この言葉がすべてのような気がします。

あ~、DVD ボックス買いたいけど、どうしようかな・・・。


あ、そうだ、全然関係ないけど、
WBC チャンピオンになって良かった!!選手の皆さん、おめでとう!!

・・・見てなかったけど。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
結局愛と憎しみは紙一重なんですかねェ。でも確かにパソコンに長けてたりとかだと安藤しかいませんよね。最後の方はなんとなく予想してたので、なんかなぁという感じ。でも、最終回まで面白かったからいいのかなぁ。
2006/03/23(木) 01:43 | URL | りすりす #-[ 編集]
>りすりすさん
予想できても、途中の展開は面白かったから、
全然あり!のドラマでした。
でも、安藤の視点からのドラマも見てみたいですね。
彼の苦悩やら悲しみやら残虐さやら。
スペシャルとかでないかな?
2006/03/23(木) 22:07 | URL | sei16 #NkOZRVVI[ 編集]
安藤もほんと苦悩したんでしょうねェ。頭良いってのもちょっと時には残酷ですよね。
りすりすは蓮見の手を握る山路管理間にドキドキしました(笑)かっこいいわ~。なんだかんだで彼も結構いいとこ持ってきましたね。
2006/03/23(木) 22:35 | URL | りすりす #-[ 編集]
>りすりすさん
山路管理官は最後カッコよかったですね~。
昔の資料を雪平に手渡すところも。
でも、意外に活躍してたのは薫ちゃんなんですよね。
忘れがちですが・・・(^^;
2006/03/23(木) 23:03 | URL | sei16 #NkOZRVVI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/258-b6a0aac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。