Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/03/26(日) 02:27:05
この前借りてきた DVD 『亀は意外と速く泳ぐ』 (過去記事)と
一緒に借りてきたのが、この『ヴィレッジ』です。

もう、2年ぐらい前の作品だよね~。
見たいと思いながらも見てなかった作品。

今日が返却日だったんで、慌てて観ました。(最近こんな感じ・・・)

これは、ナイト・M・シャマラン監督・脚本の作品です。
俺は結構好きなんです、この人の作品。
『シックス・センス』・『サイン』・『アンブレイカブル』など。
他に類を見ない、不思議な作品が多いよね~。

今回もスリラーなんですけど、思ったよりもラブストーリー色が強かった。

ストーリーは、、、
とある深い森の中に存在する小さな村が舞台。
その村は、その深い森があるため、周囲から孤立していて、
その森には、”語ってはならぬもの”が存在しており、
森に入ってはいけないという掟を守れば、
平和に暮らしていけると信じられていた。
ある時、瀕死の重傷を負った恋人を助けるために、盲目の少女が、
村の外の町に行って薬を手に入れるため、森に足を踏み入れる・・・。
という感じですかね。

今回の作品は、ちょっと先が読めてしまったねぇ~。
しかも、不気味・恐怖感は少なかったね~。
『サイン』の時は、全然姿を表さないエイリアンを音や気配のみで、
恐怖感を出してたけど、今回は早々に姿が出てたし・・・。
だからと言って、面白くないというわけではなかったけど。

いつものように、監督も出演してた。今回はちょっとだけ。
顔も、ガラス越しにしか映ってなかった。
『サイン』の時は重要な役をやってたけどね。

それにしても、盲目の少女を演じた、
ブライス・ダラス・ハワードは綺麗だったなぁ。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/263-d8293a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。