Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/06(水) 01:02:20
今日の出張の移動時間はこれを読むことに費やしました。

東野圭吾さんの『手紙』です。

今日から読み始めて、最後まで読みきりました。
俺にとってはこれは珍しいです。
まあ、そんだけ移動時間が長かったってことやけど。


この作品を知っている人は多いと思うけど、
簡単に言うと、強盗殺人犯の弟という、
レッテルを貼られた青年の苦悩を描いた作品ですね。

すごく悲しくて、せつなくて、重いです。
ほんと考えさせられるテーマですね。
自分だったらどう行動するんだろう、
周りにこういう人がいたらどう接するんだろう。

読み終わった後も、いろいろ考えてはみたものの、
答えは出ないです。
普段はこんなこと考えないからいい機会ですよ。

※こっからはネタバレしてます。




兄が逮捕されて以降、弟・直貴が一人きりでの生活を始めるけど、
様々な転機でことごとく、兄の存在が障害となってくる様が、
淡々と描かれてます。
展開が早いと言えば早いですけど、特に違和感もなかったです。
直貴が最後の決断を下した後の慰問ライブの場面は胸が詰まります。
涙堪えるのに必死になってましたよ。
(新幹線の中だったので。。。)

この本で描かれたことと同じようなことは現実でもあるでしょう。
幸い、俺の周りには、こんな現実はない。
ただ、紙一重なんだろうな。
誰でも起こり得るし、犯罪者の家族に出会う可能性もなくはない。

「差別はね、当然なんだよ。」って言葉には、
なるほどなぁと思ったけど、実際に自分の身に起きてみないと、
何とも言えない部分もありますね。

手紙
手紙



こういう作品は映画向きだなぁと思います。
だから、映画も観てみたいな。

さて、次は何を読もう??
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
出張お疲れ様です~☆岡山は良いですよね。倉敷とか好きです。四国は行ったことないんですよねェ。

読みましたか~。ほんと切ないですよね。でもすごく現実的だと思いました。実際に自分の周りにいたら、差別はするかどうかわからないけど、とりあえず普通の目では見れないのかなぁ、て思ったり。難しいですよねェ。
2006/12/06(水) 14:01 | URL | りす #-[ 編集]
こんばんは。
出張お疲れ様です。
あたしは、映画の方を観て、
小説はまだ読んでないんだけど。
やっぱり慰問の場面は、映画館で号泣しました。
なんて言っていいか分からないけど、
とにかくどうしようもない気持ちでいっぱいになる、そんな話ですね。
映画、よかったです。
お兄ちゃん役の玉山鉄二が、意外といい演技してたので、
それがびっくりしました。
今も思い出してたら、涙出そうになりました(笑)
小説、あたしも早く読もうっと。
次は、何を読みますか?
こっそりまねっこしようか。なんて、企んでます(笑)
2006/12/06(水) 23:59 | URL | saya-bon #-[ 編集]
>りすさん
岡山はね、駅から降りてないからね、何とも・・・。
そういえば、今年の夏だっけ?
中国地方を旅行してたよね?
四国はね、俺もまた行きたい。
もうちょっとゆっくりと。
まるでサイコロの旅のようにあっという間だったし。
手紙読んだよ。
差別するかどうかは分からないけど、なるべくならしたくないかな。
ただ、そうだね、普通には接することが出来なくなるかもしれない。

>saya-bonさん
こんばんは。
そういえば、映画観たってブログにも書いていましたね。
やっぱ泣いてしまいますか。
自分も観たら泣くだろうな(^^;
是非、小説も読んでみてください。
次ですか?どうしようかな~?
自分も他の方のを参考にしようかな~って思ったり(^^;
とりあえず今度、本屋に行って物色してきます!
2006/12/07(木) 01:57 | URL | sei16 #NkOZRVVI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/413-8f29d641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。