Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/13(水) 01:08:53
読めます??

ただ単に『十二月十二日』を逆に書いただけです。
毎年この日になると、うちのばあちゃんを思い出します。
(もう13日になっちゃったけどね。)

亡くなって、もう10年経つかな~。

俺のばあちゃん曰くね、12月12日は、
戦国時代の大泥棒と言われている、石川五右衛門が処刑された日らしい。
それが正しいのかは俺はよく分からないし、
別に確かめようともしない。

毎年その日になると、うちのばあちゃんは、
小さい紙に『十二月十二日』と書いては、玄関や窓に貼って回る。
しかも逆さまに貼る。

何でそんなことするかと言うと、
家の出入り出来る玄関のドアや窓に、この紙(札)を逆さまに貼ると、
次の年の『十二月十二日』までは、泥棒が入らない、
という昔からの言い伝えがあったんです。

俺は子供の頃、ばあちゃん子だったから、
その言い伝えを疑うこともなく、一緒になって、
紙に『十二月十二日』と書いては逆さまに貼り、
書いては貼り、を毎年繰り返していた。

これはいつまで続けたんやろう?
ばあちゃんが亡くなる前の年はやってたのかな?
その時、俺は高校生だったから、そういうことはやってなかったかもなぁ。
思い出せない。
昔は毎年やってたこの行事は、実家ではもうやってないだろう。
この紙を貼ったまま残ってるところあるのかな?

そうだ!
今度実家帰ったら、探してみようかな。
最後に貼ったのが残ってるかもしれない。

ねぇ、ばあちゃん。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
おばあちゃんの話、たぶん正しいと思いますよ~。
この日のあたしの仕事、レクだったんですが、
「今日は何の日」って話題作りに紹介したりするんですけど、
その日の利用者様のおじいちゃんが、同じようなこと、話してくれましたから。
それにしても、seiさんのおばあちゃんとの思い出、素敵ですね。
なんだか嬉しくなりました。
seiさんのおばあちゃんは、きっと優しくて、
素敵なおばあちゃんだったんでしょうね。
だって、お孫さんにこうして思い出してもらえるぐらい、大きな存在だったんですからね(^^)
おばあちゃん、天国でニコニコですね、きっと。
2006/12/15(金) 22:22 | URL | saya-bon #-[ 編集]
>saya-bonさん
この言い伝え知ってるおじいちゃんがいるんですね!
やっぱ、そういうのあったんやなぁ。
うちのばあちゃんの実家だけの言い伝えかと思ってました(^^;

俺はばあちゃん子だったので、思い出はいろいろありますよ。
ゲートボールとかも一緒にやってましたし。
そうですね、天国でニコニコだったらいいんですけどね(^^)
2006/12/16(土) 09:44 | URL | sei16 #NkOZRVVI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/415-10d91505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。