FC2ブログ
Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
2007/03/11(日) 19:59:39
井坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』読み終わりました。

井坂作品は初めてでした。
この作品が特殊なのか、この人の作品が全体的にそうなのかは、
分からないけど、不思議なストーリーだなぁって思いました。
読み終わった後も、切ないんだけど、それとは違う感じがあって。

大学入学のために引っ越してきた若者が、
同じアパートに住んでいる青年から、
「本屋を襲わないか?」と持ちかけられるところから始まります。
本屋を襲って、広辞苑を盗んで、その広辞苑を
同じアパートに住んでる外国人の友達にプレゼントするのが目的。
・・・これを聞くと、コミカルな感じがしますよね。
俺もそういう話なのかと予想してたら、
中盤辺りから、ちょっと違う展開になっていきます。
たしかに前半はコミカルで不思議な感じでしたけど。

それと、現在の話と2年前の話とが交互に描かれていて、
そのストーリー進行も面白かったですね。
最初は全然話が繋がらないんだけど、徐々に繋がっていくのが、
読んでて良かったです。

あと、登場人物の会話も面白い。
特に河崎の言動は面白いなぁって思いました。
無茶苦茶な話が多いけど、まあ、そういう考え方も面白いかなと。
ブータンの話も面白かったし。

また今度、井坂さんの別の作品を読みたいなぁ。

アヒルと鴨のコインロッカー
アヒルと鴨のコインロッカー



そして、この本は映画化されて、今年5月に公開されるそうです。
ただ、この本の原作のままのストーリーを映像化するのは無理だよね。
だから、映画ではどういうストーリーになるのかが、
楽しみであり、逆に恐ろしくもあり、ってところですね。


さて、次は何読もうかな~。
『幻夜』の文庫本が出るまで待とうかな!

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
この作品おもしろそうですね~。前から気になってました。
井坂作品は以前からときどき読んでます。
ミステリーとリアルファンタジーがまざってるような、不思議なおもしろさがありますね。
すごーく読みやすいのとなじめないのとがあるかな...「オーデュボンの祈り」と「魔王」はおもしろかったです。「死神の精度」は途中になっちゃった...
最近DSばっかだからたまには読書しようかな~。
2007/03/13(火) 23:30 | URL | chabo #-[ 編集]
>chaboさん
この作品面白かったですよ。
やっぱ井坂作品は不思議なんですね。そんな雰囲気が出てました。『オーデュポンの祈り』と『魔王』か~。今度読んでみますね。
DSばっかり?読書もしないと!
でも、俺も最近、DSのせいで寝不足気味。ドラクエモンスターズにハマってます!
2007/03/13(火) 23:46 | URL | sei16 #NkOZRVVI[ 編集]
お☆読みましたか~。
伊坂さん面白いですよね。仙台在住だそうで。
文章がしつこくなくて、ユーモアがあってよいです。
ほかの作品も面白いですよ~♪5月の映画が楽しみです。
2007/03/14(水) 21:14 | URL | りす #-[ 編集]
うん、読んだよー。
そうそう、井坂さんの文章はユーモアがあるね。読んでて気楽というか。
他の作品も読んでみたくなった。
映画は俺も観てみたい。
2007/03/14(水) 23:38 | URL | sei16 #NkOZRVVI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/439-5e641851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録