Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/28(日) 01:30:44
やっと読み終わりました。
村上龍さんの『半島を出よ』。
読み始めて何ヶ月も経ってしまったけど(^^;

もう何年も前から文庫化されるのを待っててね、
楽しみにしてた作品でした。
とても村上さんらしい作品で、待ったかいがありました。


日本の経済が破綻してしまった2011年。
9人の北朝鮮の武装したコマンドが福岡ドームを占拠。
後続部隊も到着し、北朝鮮部隊による統治が始まっていく。
その状況を受けざるを得ない福岡市民、対応が遅れる日本政府。
そんな中、ある若者グループが何かを始めようとする・・・。
っていう話です。

エンターテイメント性がすごくあって、
だけど、それだけでなく、今の日本、これからの日本について
考えさせられるところが多くありますね。
それがとてもリアルなんです。
ほんとにね、いろんな場面にいろんな問題が散りばめられていて、
そんな中に、村上さんの考え(だと思う)も見え隠れしています。

エンターテイメント性で言えば、
クライマックスのところは、非常に緊迫感、恐怖感があって、
俺はかなりドキドキしながら読みました。

ただね、全体的にエグイ表現があるところもあるので、
そういうのが苦手な人はちょっと読めないかもね。

あとね、登場人物がすごい多いから、
誰が誰か途中で分からなくなることもあったな(^^;
特に、北朝鮮コマンドの名前はね、同じように見えてしまうよ。

他にもいろいろ書きたいことは多いんだけど、
うまくまとめられないし、ネタバレにもなるしね。
ま、読んでみて下さい。
こんなにも濃厚で楽しめる小説はなかなかないと思います。
さすがは村上龍!!


半島を出よ 上 (1) (幻冬舎文庫 む 1-25)       半島を出よ 下 (3) (幻冬舎文庫 む 1-26)

ちなみに、この本の表紙に描かれているカエルは、
『ヤドクガエル』だと思われます。文中にも出てきます。
このカエルがこの作品を象徴しているってのもありますよ。


さて、次は、『包帯クラブ』を読む予定。
映画で観たんだけど、原作も読んでみたくなって。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
半島読了したんですね!お疲れ様~。
龍さん渾身の作って感じで読む方も力はいっちゃいますね。
でもおもしろかった。
クライマックス、私も心拍数上がってました(笑)

DVD三昧なんですね。そういうときありますよねー。
最近劇場にも行ってないや。
私もレンタルしてこようかなぁ。
2007/10/29(月) 23:06 | URL | chabo #-[ 編集]
>chaboさん
やっと読みましたよ。
chaboさんはかなり前に読み終わったのにね(^^;
そうそう、クライマックスは心拍数上がった!
外出先から会社に戻る途中の電車の中で読んだら、降りる時、足がガクガクしてた。

最近、DVDざんまいっす。
ブログのタイトルも「日々、映画ざんまい。」にしたりして。
2007/10/29(月) 23:28 | URL | sei16 #NkOZRVVI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/505-15967623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ラストの数行がまるで詩のように美しくて、「あぁ、物語のすべてはこのシーンのためにあったんだなぁ」と感動しました。宮部作品は本作と『理由』しか読んだことがないですが、ほかの作品もぜひ読んでみたいと思います。終盤の200ページぐらいは面白かったのですが、重...
2007/10/30(火) 13:29:30 | まゆのblog
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。