Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/02(火) 00:55:17
ニワトリが先か、タマゴが先か。みたいな。

原作(小説とか漫画とか)も、映画も、両方面白いっていう作品に、
めったに出会うことがなくて。
そういう作品ってないですかね?

俺は、今までで両方とも面白い!って思った一番の作品は、『GO』かな。

たいていは、映画の方がひどいんだよね。
そこまで無理なストーリーにしてまで、映画化する必要ってあるの?
って思っちゃう。

(まあ、そこにお金が絡むから映画化するんだろうけど。
 って夢のない言い方やね・・・。)

だから、俺は原作を読んでから映画を観る方が好きです。
んー、好きです、というか、
原作の面白さを、映画を先に観たことによって半減させたくないんだよね。

やっぱり、映画は原作ものの脚本よりも、映画のための脚本がいいよね。


そして、マンガの実写化ってのもかなり難しいよね。

実写って、やっぱりある程度リアリティが必要だし、求めてしまう。
簡単な例えを出すとね、スポーツ系のマンガを映画化する場合って、
その役者がある程度、そのスポーツをやれてないと、説得力がない。
野球のシーンとかで、「なんだ、あの投げ方は!」みたいなことあるよね。

で、『20世紀少年』。
あれって、元々リアリティのない話で、ファンタジー的な要素もあるんだから、
それを実写にすると、中途半端なリアリティが出てきたり、求めたりして、
逆に、貧弱な映画に見えちゃう。

ドラゴンボールの実写版も来年公開なんだよね。
あんなの危険以外の何物でもないよね。
いい作品になるとは思えないんだけど。
(原作のドラゴンボールは大好きですよ!)



これは、さっき言ってた『GO』です。
原作(小説)も映画も面白いって思える数少ない作品。


GO
GO

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/604-5a7f1a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。