Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/08/21(日) 04:10:08
買ったのに、まだ見てなかったDVDシリーズです。やっと見ましたよ。
というかテレビとか、レンタルビデオで何度か見てるけどね。

これは、マット・デイモン主演の法廷映画です。
かなり好きな映画ですね。一番かもしんない。
こういう淡々と話が進むけど、芯の強い映画っていうのが好きです。
ちなみに、レインメーカーというのは「雨のごとく金を降らせて成功する弁護士」という意味らしい。

さて、マット・デイモン演じる、ロースクール卒業したばかりのルーディが弁護士の仕事を探すところから物語りは始まります。

やっとのことで、悪徳弁護士の事務所に転がり込み、
デックという相棒とともに、仕事をこなしていきます。
話の本筋は、保険会社への訴訟問題。
大手保険会社から支払いを拒否された貧しい家庭のため、
大弁護士軍団を引き連れている被告と闘います。

見どころは、やはり、新米弁護士のルーディが一人で、
一流弁護士軍団に立ち向かっていくとこでしょう!
感動であり、痛快であり、せつなくもあり。

でもね、俺にとっては、なんと言っても、クレア・デーンズです!!
一番好きな女優です。(外国の女優の中でね。)すごくキュートなんです。

クレアデーンズ
(これはレインメーカーのシーンじゃないです。)

夫から暴力を受けている、ケリーという役です。
病院で、ルーディと会い、お互いに惹かれあっていきます。

もうね、完全に感情移入しちゃうんです。
あまりにもひどい暴力を受けているから、ひどく頭にくるし、
愛おしくて、守ってあげたい気分になります。(って思うのは俺だけ?!)



ただね、欲を言えば、これって135分の映画なんだけど、
それでも足りない。描写が足りないね。少し展開が早いかも。
テレビドラマとかで見てみたいな。3話ぐらいで。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/62-36236978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。