Soliloquistっていうのは、『独り言を言う人』っていう意味だそうです。俺、ひとりごと多いんだよなぁ・・・
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/02(日) 00:45:28
大分側試合前


1994年に発足。
当時はまだ、大分トリニティだったし、アマチュア選手が多かったし、
立派なスタジアムもなかった。

県リーグ、九州リーグを驚異的な早さで勝ち抜き、設立2年でJFLに参戦。

1999年にJ2加盟、2003年からJ1参戦。

そして、発足から、14年。
本日、ナビスコカップ優勝です!!


ほんと感動した。

もうね、後半始まった時ぐらいから泣きそうやった。
まだこの時点では0-0だったのにね(^^;

前半から大分ペース。
前線からのチェックと、DF陣の粘り強い守備。
そして、守から攻への切替の早さ、サイドからのシンプルな攻撃。
大分らしいサッカーが出来てた。

今の大分の強みって、一人一人の粘り強さだね。
守備はそれが顕著なんだけど、攻撃においても、それが感じられた。
ミスが少ないし、なんとしてもボールを繋ごう、
ボールを簡単に失わない、という意識が高い。

後半の立ち上がりは、清水の攻勢が続いて、ちょっと我慢の時間帯。
そして、その時間帯を乗り切った後の後半23分。
右サイドのスペースに走りこんだ金崎へボールが出され、
金崎からファーサイドの高松へクロス。
高松の高い打点からのヘッドで先制点!

ここから、市川を投入してきた清水がサイド攻撃で攻勢をかける。
(前半からこれをやられてたら、大分もやばかったね。
 大分の3バックの両サイドのスペースを突いてこられたらね。)

それもなんとか乗り切り、試合終了間際には、ウェズレイが追加点。
もうこれで優勝を確信しました!

そして、これが優勝決定の瞬間。
ベンチから、スタッフや控えメンバーが飛び出してきてます。

大分優勝

西日でちょっと見えにくいね(^^;


出身県のチームが初タイトルを撮ったことの嬉しさも、もちろんあるんだけど、
Jリーグ始まった後に、発足したチームが、14年かけて、
ここまで来れたっていうその歴史に感動してしまいました。

発足当時は、まだ俺も高校生だった。14年か~。

日本リーグ時代から存在するチームが優勝したんじゃないんです。
一から立ち上げて、勝ち上ってきたチームが優勝したんです。
その意義って大きいって思うんです!


よし、あとは、リーグ戦も優勝して、2冠だね!!
あ、天皇杯もあるから、3冠だね!!

(よくばっちゃいけないかな?)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sei16.blog14.fc2.com/tb.php/664-302a005a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。